読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいことないかなー

赤ちゃん授かりますように!というブログです

2度目の妊娠と流産

繁忙期の間に、2度目の妊娠が分かりました。流産後2回の生理を見送って、それから約半年後のことです。

ちょうど、治療の末妊娠したという友人から、病院へ通うことをおすすめされ、繁忙期が終わったらまた病院へ通おう!と少し前向きになったところでした。

 

今度は元気に赤ちゃんが育っていると信じて、繁忙期後、診察へ行きました。

ドキドキしながら診察を受けると、先生は、7割り流産です、と…

その後、前回にはなかった元気な心拍も確認できましたが、胎嚢はひしゃげていて、翌週には赤ちゃんの心拍が止まりました。

 

今回は、前回より大きさもあるために、心拍停止のまた翌週には、掻爬手術となりました。

全身麻酔をするため、帰りに付き添いが必要とのことで、夫も仕事を休み、病院へ付き添ってくれました。

手術はすぐに終わり、麻酔がしっかり覚めるまで、下腹部痛がひどくなっていくのを感じながら、ベットでお休み。午前中のうちにその痛みも和らぎ、お支払いまで終えて、ふわふわしながら、夫と帰宅しました。

 

気持ちがいっぱいいっぱいで、今回は水子供養をしませんでした。

 

<掻爬手術の費用>

16,100 yen

それから

ちょうど私が稽留流産となった月に、友人も妊娠。おめでとうという気持ちはあるのに、羨ましさと悔しさが混じってしまいます。

 
友人のおなかは大きく大きくなっていきます…
別の友人も妊娠。
でも、私はからっぽなまま。
妊婦さんや子ども連れの家族を見ると、涙が出てきます。
 
好きな仕事をしていると、気分も紛れて癒されます。
妊娠のことを考えるのは意識してやめて、仕事も繁忙期に入りました。

1度目の妊娠と流産

約1年授からず、不妊検査をと選んだのは、御茶ノ水にある浜田病院。

不妊科専用の待合室があり、東大病院の先生がいらして診察してくださいます。
曜日により違う先生がいらっしゃるので、できるだけ女医さんの曜日に行っていました。とても歯切れよく、お話してくださいます。

約4ヶ月後、全項目の検査が終わったところで、妊娠。
検査は全て問題なし・原因不明不妊とのことで、セキソビットを服用していました。
(クロミッドは効きすぎて、卵胞が2つ育ち、内膜も薄くなってしまいました)
 
舞い上がったものの、茶オリが出ていたため、不安で毎日のように流産を調べていました。
結局、育ちが悪く、心拍をぎりぎり確認できた翌週に、心拍停止…
 
初期の稽留流産で、大きさも小さいため、処置はせず、約1ヶ月後に進行流産となりました。
 
進行流産を待つひと月は、とても長くてこわくて悔しくて、はやく出てきてとおなかを叩いたこともありました。夫は、ただの細胞でしょうと…
赤ちゃん…ごめんなさい。
 
おなかの中がきれいになると、
赤ちゃんをもっと信じて過ごしたらよかった!
流産を待つ間もずっと、おなかにいてくれる時間を愛おしんで過ごしたらよかった!
夫にも命を実感してもらうべきだった!
とかなんとか、寂しくて虚しくて、やりきれず悲しかったです。
 
それから少し経ち、夫にお願いをして、夫婦で浅草寺 鎮護堂へ行きました。
毎月24日午前10時に合わせて行くと、他の方と一緒に、供養の法要をしていただけます。
 
どうしていなくなってしまったんだろう。
 

検査結果から

なかなか授からず妊娠したものの流産、その後再び流れてしまい、検査をしました。

原因になりうる結果は...

 

AMH 2.64 ng/ml(実年齢より4歳くらい上でした..)

第12因子凝固活性 49.5

 

現在、2度目の流産後から1年が経っています。

治療としては、2度妊娠しているため、まずは引き続きタイミング。

妊娠の可能性がある間は、低用量アスピリンを服用します。

 

お母さんになりたいよー